日本全国、看板のことなら!

お電話でのお問合せ
  • お問合せ

屋外看板広告や、店舗集客に関するお役立ち情報を発信しています

首都高で看板広告を出すならおさえたいデータと代表的な9つの看板スペース

Posted by Keisuke Ikeda on 2021/11/22 0:00:00 TLT

 首都高速道路(以下首都高)は東京都区部とその周辺、神奈川県、埼玉県、千葉県に路線を展開する有料の自動車専用道路です。1962年の開通から50年以上経過していますが、近年では2017年3月に横浜北線(横浜線~第三京浜)が開通するなど現在では1日約98万台の利用者がいる重要な交通ネットワークとなっています。

  

  今回は首都高の代表的な看板媒体を写真とともにご紹介しながら、首都高に関連するデータについてご案内致します。

(※2019年12月25日 ご紹介媒体を追加しました)

 

(すべて私たちで掲出手配が可能です。料金や、空き情報はお問合せ下さい。)

新規CTA

Read More

Topics: 屋外看板広告, ビル看板

【GPSを利用した通行量分析】屋外広告のリーチをスマホ位置情報データから分析する

Posted by akira komai on 2021/11/01 17:55:11 TLT

 屋外広告の価値や料金を左右する大きな要素はリーチ(届く範囲)です。どのくらい多くの人に見てもらえるのかという「リーチ数」や、どんな人に見てもらえるのかという「リーチの質」が関係してきます。また、ここでは屋外広告はビルの屋上、壁面などに設置された広告看板の事を指しますが、この広告のあるビルがどこにあるのか「場所」という要素も料金に大きく関わります。郊外の看板よりも都会にある看板の方が当然地価も高く、相対的に屋外広告の料金も高くなります。その他料金にかかわる要素としては広告のあるビルのオーナーさん等も要素となりますが、以下では「リーチ」という要素に関して焦点を当て、その分析手法をご紹介したいと思います。

 

まず、屋外広告が置かれている状況に関し触れておきますと、そもそも屋外広告はリーチ獲得の目的で、人が大勢いる街なかに広告出稿することに対して価値を認識されているかと思いますが、昨年2020年の緊急事態宣言下で街に人がいなくなった際には、その広告価値が疑問視されました。特に一度目の緊急事態宣言下には極めてナーバスな状況でしたが、2020年末頃から徐々に人流が戻り、失われかけていた屋外広告の価値も徐々に回復しつつある。そんな状況です。

毎年、電通が発表している「日本の広告費」でも、屋外広告に限らず2020年の日本の総広告費用は前年比88.8%と9年振りのマイナス成長でした。

 

コロナ以前から言われていることですが、特に若年層に対して広告が伝わりにくくなっていました。そこで、街に出て人がいることの価値、そうした場所という部分に価値を見出し、若年層の誰もがスマホを持ち歩き、SNSを通じて情報を拡散することが当たり前の時代だからこそ、屋外広告×SNSの組み合わせが価値を向上させたのだと思います。特に渋谷のような街では屋外広告自体が極めて多くなっています。

 

若年層にリーチする、そうした「リーチの質」を重視した結果、渋谷には多くの屋外広告が溢れています。

よく屋外広告は、ユーザーが自ら見ようとしなくても視界に飛び込んでくる「強制視認」のメディアとも言われます。ただ別の見方をすると「偶然出会う」メディアとも言えます。検索エンジンやSNSなどインターネット広告は、ユーザーの行動に応じて興味関心を持ちやすいジャンルの広告を表示させる仕組みです。そういった点を比べると、屋外広告は必然性だけではない偶然の出会いを演出できる点から、ユーザーの心を動かしやすいメディアなのではないかと思います。クリエイティブの力、コピーの力を駆使することで出会いを演出し、「誰かに伝えたくなるメッセージ」を発信しています。

 

こうしたことから、屋外広告はどこに設置するか、その広告の前はどんな人がどれくらい通過するのか。これらが非常に重要な要素となることがわかって頂けると思います。これまでは、駅の乗降客数データや、道路交通センサスデータ、もしくはカチカチと自動車や歩行者を調査員がカウンターで計測する通行量調査が、屋外広告の価値を客観的に判断する数字の主流でした。

乗降客数では、実際に屋外広告の前を通過する人数はわかりませんし、調査員が実測する方法は正確ですが、様々な要因によって変化します。年末年始、お盆、ゴールデンウィーク等のように時期によって通行量は変化しますし、それこそ、天気によっても変わります。特に新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言やまん延防止重点措置により、外出自粛で市街の人の流れが減少した結果、調査員がカウンターで計測する通行量調査はとても少なくなりました。そこでご紹介したいのが以下の手法です。

 

【リーチをスマホ位置情報データから分析する】

 

ご紹介させていただきたいのが、Location Navigator(ロケーションナビゲーター)というツールです。Location Navigator(ロケーションナビゲーター)は通信キャリアのスマートフォンから最短数分間隔で常にデータを取得しており、その取得済のGPS位置情報データを集計・加工することで資料として可視化(見える化)できるサービスです。

Read More

Topics: 屋外看板広告, 通行量調査, 人流分析, 位置情報, GPS

新宿で看板広告を出すならおさえたいデータと、代表的な看板スペース

Posted by Keisuke Ikeda on 2021/09/21 16:21:34 TLT

 新宿といえば、渋谷、池袋と並び日本を代表する繁華街となり、駅の出口によって異なる特色を持ち合わせております。

Read More

Topics: デジタルサイネージ, 屋外看板広告, ビル看板

渋谷で看板広告を出すならおさえたいデータと、代表的な看板スペース

Posted by Keisuke Ikeda on 2021/07/15 8:55:00 TLT

 渋谷といえば、SHIBUYA109やヒカリエ、東急百貨店などの商業施設が建ちならび、週末には多くの買い物客でにぎわっています。また、近年ではIT系の企業が本社を構えることが多く、オフィス街としても発展を続けています。Googleの本社も2019年に渋谷へ移転しました。

 渋谷の代表的なスポットといえば待ち合わせ場所として有名なハチ公前。街頭インタビューでも頻繁に使用されていますね。お天気カメラが設置されていることもあり、テレビの天気予報の中継で映ることも多いスクランブル交差点や、多くの飲食店やショップが建ち並ぶ渋谷センター街も代表的なスポットといえるでしょう。(スクランブル交差点では、1回の青信号で3,000人が一気に渡ることもあるとか!)

 渋谷駅はJRや東急線、東京メトロなど9路線が乗り入れております。駅周辺および構内は多くの人で溢れ返っています。乗り換えまでの道筋も複雑なため、駅利用者の利便性を高めるべく大規模な再開発が進行中です。

 

※詳しくは渋谷再開発情報サイトへ http://www.tokyu.co.jp/shibuya-redevelopment/index.html 

Read More

Topics: デジタルサイネージ, 屋外看板広告, ビル看板

町田で看板広告を出すならおさえたいデータと、5つの看板スペース

Posted by Keisuke Ikeda on 2021/05/28 11:15:25 TLT

 

 町田といえば、東京都南西部に位置し、都下の中では八王子や立川についで圧倒的な人口数の街となります。その中でも中心部の町田駅前は、新宿や横浜といった都心部に乗り換えなしで30分ほどで行けるアクセスの良さに加え、駅前は商業施設が充実していて、昼夜問わず賑わいを見せるエリアとなります。

 今回はそんな町田に関するデータと、そこで掲出ができる看板の情報をご案内致します。

(すべて私たちで掲出手配が可能です。料金や、空き情報はお問合せ下さい。)

新規CTA

Read More

Topics: 屋外看板広告, ビル看板

秋葉原で看板広告を出すならおさえたいデータと、代表的な6つの看板スペース

Posted by Keisuke Ikeda on 2021/05/28 8:55:00 TLT

 秋葉原といえば、電気街として、そしてオタク文化や日本のポップカルチャーの聖地として有名な街です。近年では東京に住む人だけでなく、地方や海外からも多くの人が訪れる、浅草と並ぶほどの観光地となりました。

 

 東京千代田区と台東区の境界にある、日本有数の電気街として知られる「秋葉原」はTXつくばエクスプレスの開通とともに、駅周辺に高層の商業ビルが建設されるなど再開発も進み、オシャレなショップやカフェも並ぶ、最先端の街へと成長しています。

 

今回は秋葉原に関するデータと、そこで掲出ができる看板情報をご案内致します。

 

そんな秋葉原の街で代表的な看板媒体をいくつか写真とともに、ご案内します。

(料金や、空き情報などはお問合せ下さい。)

新規CTA

Read More

Topics: 屋外看板広告, ビル看板

六本木で看板広告を出すならおさえたいデータと、代表的な9つの看板スペース

Posted by Keisuke Ikeda on 2020/08/26 8:12:25 TLT

 

 六本木といえば、繁華街のイメージが強い街ですが、現在は六本木ヒルズや東京ミッドタウン、泉ガーデンタワーをはじめとしたビジネス街や高級マンションに加え、国立新美術館や森美術館といった文化・芸術の街でもあります。

 街の多様性は生活者にも表れており、外国人比率が高く、異文化コミュニケーションが盛んな多民族都市といえるでしょう。

 今回はそんな六本木に関するデータと、そこで掲出ができる看板の情報をご案内致します。

(すべて私たちで掲出手配が可能です。料金や、空き情報はお問合せ下さい。)

新規CTA

Read More

Topics: 屋外看板広告, ビル看板

屋外広告の特殊展開について~ピールオフ広告のご紹介~

Posted by Keisuke Ikeda on 2020/06/23 9:51:25 TLT

 

Read More

Topics: 屋外看板広告, ビル看板

これからのデジタルサイネージについて~DDOOHのご紹介~

Posted by Keisuke Ikeda on 2020/05/15 10:14:03 TLT

 

 みなさんはOOHという言葉をご存じでしょうか。

 これはOut of home(アウト・オブ・ホーム)の略語で、家の外にある広告のことを指します。例えば、ビルの上にある屋上看板、電車内の中づり広告、バスのラッピング等々、これらは全てOOHになります。 

 OOHという媒体は非常に古くから存在する媒体ですが、近年は屋外ビジョンや電車内で見かけるようなサイネージ、すなわち「DOOH」(Digital Out Of Home:デジタル屋外広告)が増えてきています。渋谷のスクランブル交差点から見えるものが代表的ですね。

 

Read More

Topics: 屋外看板広告, ビル看板

表参道で看板広告を出すならおさえたいデータと、代表的な7つの看板スペース

Posted by Hiroyuki Takano on 2020/01/07 17:55:00 TLT

 表参道といえば、元は明治神宮の参道として整備された大通りの総称でしたが、現在ではその通りを中心とする原宿・青山地区の町域を指して「表参道」と称することが一般的です。

 

 その範囲は広く、青山の骨董通り周辺から、青山通り、表参道駅周辺、旧原宿・旧穏田地区の道沿いを経て、原宿駅周辺までもが含まれ、銀座と並んで高級ブランドの旗艦店が集積しているエリアとしても知られています。今回は表参道に関するデータと、そこで掲出ができる看板の情報をご案内致します。

 

そんな表参道の街で代表的な看板媒体をいくつか写真とともに、ご案内します。

(すべて私たちで掲出手配が可能です。料金や、空き情報はお問合せ下さい。)

新規CTA

Read More

Topics: 屋外看板広告, ビル看板

看板広告で効果を上げるためのノウハウや、お店に人を集める販促を実践するために役立つ情報を発信中!

効果を上げる屋外広告看板設置のメリットや、お店に集客をするためのノウハウについての情報発信をしています。「店舗出店に向けて」の準備 認知獲得のために知るべき4つのポイントのE-bookについてはこちらからダウンロードできます。

「店舗出店に向けて」の準備  認知獲得のために知るべき4つのポイント

記事一覧