日本全国、看板のことなら!

お電話でのお問合せ
  • お問合せ

屋外看板広告や、店舗集客に関するお役立ち情報を発信しています

池袋で看板広告を出すならおさえたいデータと代表的な6つの看板スペース

Posted by Keisuke Ikeda on 2018/06/29 17:00:00 TLT

 池袋といえば、賃貸事務所や大型ショッピングエリアなど様々な商業施設が立ち並ぶ国内有数の繁華街です。近年では大手チェーンストアの店舗も軒をつらね、激しい販売合戦を繰り広げています。

 

 以前は池袋というと埼玉方面から東京都内へ入る玄関口という印象が強かったのですが、東京メトロ副都心線が開通してからは横浜方面からも人が流入するようになってきました。ターミナル駅としての規模は益々大きくなっています。

 

 豊島区の都市開発マスタープランには、池袋駅東口を『多彩な魅力があふれる副都心』と明記していて、池袋駅を中心として東と西をはっきりと分けたうえで、池袋の二つの顔を創造しようとしています。駅東側は巨大商業都市。西側は芸術劇場が代表するように、どことなく文化的な雰囲気を持つ都市、という一面があります。

 

  今回は池袋に関するデータと、そこで掲出ができる看板情報をご案内致します。

 

そんな池袋の街で代表的な看板媒体をいくつか写真とともに、ご案内します。

(すべて私たちで掲出手配が可能です。料金や、空き情報はお問合せ下さい。)

新規CTA

代表的なスポット「サンシャイン60」

サンシャイン60

 
 東池袋のサンシャイン60は、言わずとしれた池袋のランドーマーク的な存在で、その名が示すとおり60階建ての日本でも有数の高層ビルです。
 駅東口からサンシャイン60までのサインシャイン通りには銀行や生命保険会社など大手企業の本社ビルが多い一方、乙女ストリートなど独特の文化がある通りや、最近では、大型家電量販店の出店で秋葉原のように家電店の集中しているスポットにもなっています。
 
 池袋駅は東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線)、東武東上線、西武池袋線、
JR(湘南新宿ライン、埼京線、山手線)と、合計8路線が乗り入れている巨大ターミナル駅で、毎日の乗降客数は世界第2位です。(ちなみに1位は新宿駅。世界のランクです。)
 
 2009年オープンの「エチカ池袋」の他、「エソラ池袋」「ルミネ池袋」「WACCA池袋」などの商業施設が相次いで誕生し、ファッションブランドやライフスタイル雑貨など20代~40代の女性やカップルをターゲットにした店舗ラインナップ・コンセプトを打ち出した施設が多く集まっています。

 
池袋で代表的な看板媒体・ビルボードの紹介

 

 先ず、池袋の代表的な看板のスペースを写真とともに、3つほど紹介します。

JR池袋駅東口を出ると複数の大型看板が目に飛び込んできます。

 

【池袋パルコ 壁面】

池袋パルコ2

 サンシャイン方面からパルコ・池袋駅方面へ向かう人に対して抜群の視認性を誇る大型シートです。下部の大型ビジョンも利用可能です。

 

 

【池袋伊藤壁面・ビル屋上】 壁面

クラシエ2 池袋伊東ビル

 

【池袋伊藤壁面・ビル屋上】 屋上

池袋伊東ビル 花鈴のマウンド

 パルコ向かいの大型ボード。屋上、壁面どちらも利用可能です。

壁面に関しては短期利用可能ですので期間限定の告知に活用できます。

 

 

【菊邑91ビル屋上】

菊邑91ビル(空き)

 ビックカメラ池袋本店の隣に位置する屋上広告です。東口を歩いていれば必ず目に入ってくる大型ボードです。

 

 

【池袋富士ビル壁面】

池袋富士ビル サントリー

 こちらもパルコ向かいの大型シートボード。設置位置も歩行者の目線に近く駅東口正面の優良媒体です。

 

【SPPSビル屋上】

BOOKOFF2 SPPSビル

 サイズはそこまで大きくはありませんが西武鉄道東口出口の正面に位置し、サンシャイン通りへ向かう人に対しても有効な媒体です。

 

データで見る池袋~アクセスしやすい場所はどこか

 下記は、池袋のサンシャイン前から徒歩と電車で30分掛けてどこまで行けるかを示した地図です。青い枠が、30分圏内で東は蔵前。南は目黒。北は戸田公園・川口近辺。西は保谷・朝霞どが30分圏の到達点として出ています。 

池袋から徒歩+電車で30分圏のエリア


 東武東上線、西武池袋線が広くアクセスできるような状況です。
池袋に集中する百貨店などの商業施設も西側に広く集客できている施設が多いそうです。

 

 次はリーサス( https://resas.go.jp/のまちづくりマップから、豊島区には2017年7月の14:00にはどこの行政区から人が来ていたかのグラフです。(あくまで豊島区全体での推計数字です。)

豊島区からはどこから来ているのかグラフ


 都内では練馬区板橋区からの人の動きが多いようですが、県外ではとにかく埼玉からの流入が多い!川口市、所沢市、朝霞市など。埼玉の人は池袋が好き、という話はたまにでてきますが、数字的にも池袋が東京に上ってくる埼玉の人の受け皿になっていることが言えそうです。

  

 
池袋の看板媒体を他にもいくつかご紹介

 

【第二三笠ビル屋上】

セイントクリニック 第二三笠ビル

屋上広告が数少ない西口の屋上ボードです。

 

【瑞光ビル壁面】

ハッピーメール 瑞光ビル

サンシャイン60手前のサンシャイン通りに面した壁面広告

 

【青井ビル壁面】

ネットカフェ・カラオケDICE 青井ビル

立教大学の通学路である立教通りに面した壁面広告です。

 

 巨大ターミナル駅があり、大型商業施設の激化地区でもある池袋。ビルボードも、目の前を通る人の数はとても多いうえに、ブランディング効果も高い看板広告として利用できます。金額も決して安くはない看板です。掲出計画については、私たちプロに、ご相談いただけたらと思います。掲載されている看板以外についてもお気軽にお問合せ下さい。

 

池袋で看板広告を出すなら私たちにご相談下さい。(お電話でもけっこうです。)

新規CTA

Topics: 屋外看板広告, ビル看板

看板広告で効果を上げるためのノウハウや、お店に人を集める販促を実践するために役立つ情報を発信中!

効果を上げる屋外広告看板設置のメリットや、お店に集客をするためのノウハウについての情報発信をしています。「店舗出店に向けて」の準備 認知獲得のために知るべき4つのポイントのE-bookについてはこちらからダウンロードできます。

「店舗出店に向けて」の準備  認知獲得のために知るべき4つのポイント

記事一覧